--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.31
Wed
バラ 悠久の約束 

『悠久の約束』

やっとお花を見ることができました。

何年越しでしょうか?


このバラが欲しくて、数年前にお取り寄せしたのですが

届いたときから、カルスに怪しげなコブ。

どう見ても根頭癌腫病なのですが

お店に画像を送り問い合わせるも

カルスの成長なのか、根頭癌腫病なのか

まだ何とも言えないので、少し様子を見てください、と。

他のバラたちにうつるといけないので

隔離して管理。

やくそくの半年後、再び画像を送り、根頭癌腫病と確認され

新しい株を届けていただきました。

この時、根頭癌腫病株は、直ちに処分いたしました。


2代目を育てていくうちに、再びカルスにそれらしきコブが。

すでに感染していたのでしょうか?

再びお店に画像を送り、根頭癌腫病との判断により

また新しい株を送るというので、もうやめて、と

お断りしました。

同じ場所で育った株なら、また発病するかもしれないからです。

ではかわりに他の品種を送ります、と言ってくださったので

『悠久の約束』 よりも、少し高価だったのですが

欲しい品種があったので、それを伝えると

差額はいりません、と、快く応じてくださいました。

それがこのあとご紹介させていただく

『ウォラトン オールドホール』 です。

さて、2回目のお取り寄せで、根頭癌腫病を罹患してしまった株ですが

あとで処分しようと、鉢うえのまま法面に放置しておきました。

意外にも樹は大きく育ち、もしかすると接ぎ木で再生できるかも!

と、枝を数本取り、接ぎ木いたしました。

そのうちの1つが、今回ご紹介させていただいた株で

昨年は樹を充実させるために、ずっとつぼみを摘んでおりました。

そして、今年初めて花を咲かせました。

やっとこのお花を見ることができました。

実物は、お写真よりももう少し青みがかったお色で

とても深く、香りのよい品種です。

このまま発病しなければいいのですが~💦




バラ ウォラトンオールドホール



 『ウォラトン オールドホール』

イングリッシュローズです。

抱え込むような聖杯咲きが魅力。

お色はカスタードクリームのような優しいイエロー系なのですが

どうお写真を撮っても、ピンク色っぽくなってしまうのは

なぜでしょうか?


バラ ベルベティトワイライト


『ベルベティ トワイライト』

花びらの先が、とがった感じに咲くお花が魅力的です。


バラ フェアビアンカ 

『フェアビアンカ』

イングリッシュローズです。

ボタンアイがかわいいです~❤


バラ パパメイアン 

『パパメイアン』

黒バラ3きょうだいのひとつ

ちなみにうちには、兄弟全員おります♪


バラ ボレロ 

『ボレロ』

耐病性があり、とても丈夫なバラ

少々残念なのは、花びらが繊細で、雨に弱いこと


バラ シャルトル―ズ


『シャルトル―ズ ドゥ パルム』

今年は本当におみごとに、たくさんのお花を咲かせ続けてくれています。


実はわたくし、今年はバラの消毒を

まだ2回しかしておりません。

3株、黒星病が出ているものがありますが

一生懸命消毒する年よりも、うんと少ないのです。


バラ センチメンタル 

『センチメンタル』

バラを始めたころは、ストライプのバラなんて!

などと思っておりましたが

今では大好きなひと株です。


昨年、お膝を痛めて、バラのお世話もままならず

消毒もあまりできずにおりましたが

一生懸命消毒する年よりも、病気になるものが少なかったのです。

実は、鉢植えの半分ぐらいは、バルコニー下の

雨の当たりにくい場所で育てております。

雨が多い年は、風通しの悪さから

うどんこ病があっという間に広がることもありますが

昨年は、鉢数をかなり減らしたことにより

多少風通しがよくなったことも

病気が出にくかった理由の一つかもしれません。

今年はさらに鉢数を減らし

耐病性が劣るものから優先に、バルコニー下に置くことにしたのです。


バラ イルルージュ 

『イルルージュ』

班入りの葉っぱも魅力的❤

岐阜花フェスタ記念公園でこのバラにひとめぼれしてお迎えしました。


海辺に近いりおん館のバラたちは

日差しの強さから、ごわごわした葉になりがちなのですが

バルコニー下は、午前中しか日が当たらず

強い日差しを避けることができるため

お店から送られてくるような、柔らかな葉っぱに育ちます。

鉢植えのバラたちは、このぐらいの日差しの方が

よいのではないか?と思うようになりました。

雨も避けて。

バラは、ご機嫌がよければ

病気になることも少ないのでは?と思ったのです。

まあ、これから梅雨になるとどうなることやら。

とりあえず今のところは、減農薬で済んでおります。


バラ レッシュ 

『ローズ ドゥ レッシュ』

地植えです。

ころん♪ としたお花を、次々と咲かせてくれます。


バラ モーツァルト 

『モーツァルト』

一重咲きの小さなバラは、ミツバチのお気に入り❤

しべがすぐに黒ずんでしまうのが残念ですが

ゴージャスなバラたちの中に

シンプルなかわいい小輪のバラがあるのが、またいいのです。

地植えです。


バラ ナエマ 

『ナエマ』

かわいらしいお花の形は、見るたびきゅんきゅんしてしまいます❤

花びらがやや雨に弱いのが、ちょっと残念かな?


バラ モリナール 

『ラ ローズ ドゥ モリナール』

耐病性に関しては、文句なし!!

とてもじょうぶなバラです。

3月に移植したにもかかわらず、見事に花を咲かせてくれています。

同時に移植した、『ソニア リキエル』 は

今春は、つぼみをつけませんでした。

地植えです。


バラ オールゾラスピノーラ 

『オールゾラ スピノーラ』

花びらいっぱい!!

かわいいピンクで、とってもキュートなバラです❤


バラ インゲホルストマン 

『インゲ ホルストマン』

島田市ばらの丘公園でひとめぼれした品種

流通がなく、入手するのに苦労しました。

この花の本来のお色をお写真で出すことが、とても難しいです。


バラ アレックスレッド 

『アレックス レッド』

クリアな赤バラ

とにかくよく咲くバラです!!!

ステムが長いので、切り花にも最適♪


まだまだ咲いております~❤




にほんブログ村


動物写真 ブログランキングへ




本記事はこのあと更新予定です♪


comment コメント 2
コメント
バラを育てるのって、大変で、奥が深いのね〜。
そして、りおん♪さんのお宅は、まるでバラ園のよう(●´ω`●)

この前のバラの写真も、なんて、美しい♪って思ってみてたけど、
今回も、素晴らしいわぁ〜。

「ベルベティ トワイライト」のこのフリフリの花びらの形、
初めて見たっ。
「悠久の約束」がこれからも、元気でありますように。

うちは、盆栽だから、バラのような華やかさがないのよね・・・
まぁ、同じ様に奥は深いけどね( ̄∀ ̄)
HIRO1 | 2017.06.01 10:40 | 編集
ほんとにどれも素晴らしいバラ達で
りおんさんのお手入れがいいからですね。
微妙な花の色を出すのは難しいけど
色々とやってみる価値はありそうですね。
あず | 2017.06.01 14:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。